捨てまくった先の欲望

前歯の矯正と加圧トレーニングで最小限の自分を目指す

置いたらオシャレかもしれないと思っていたグラスを捨てる

なんとなくオシャレかもしれないものに弱い

コロンと小さくて
見方によってはセンスよさげな
ガラスのコップ……

f:id:miniroom:20160826035958j:plain

使い勝手はよくわからないけれど
なんとなく気に入っていて、
手元に置いておきたかったです。


苦肉の策で電動ハブラシの
替えブラシ入れにしておりました。

結果。

全然機能してない

使いやすいわけでもないので

ただなんとなく置かれているだけの物に
なっておりました……

オシャレは幻想だった

あのオシャレ生活を予感させる
存在とフォルムは大変な未練がありました。

でも使えないのなら仕方ない。

えいやっと捨てました。

できることとできないこと

捨てるという好意は
自分がしたくてもできないことへ
踏ん切りをつける行為でも
あるのかもしれません。