たぬきサマー

ミニマリストだけどコスメ好き

懲りずに語るアナスタシア。アナスタシアと眉の形を模索する計画。

 1回のアナスタシアでは眉の形が好みまで到達できなかった私。

アナスタシアとともに、最高の眉を追い求めることにしました。

 

でこちらの記事にもありますとおり、

 

miniroom.hatenablog.com

 

眉の形が太いのに、さらに眉の色まで濃くすることで

男顔に寄ってしまっているのではないか、とサイコメトリーしまして、

GLOWの付録のアイブロウパウダーを使ってみることにしました。

 

GLOWの付録のアイブロウについての記事はこちらです。

 

miniroom.hatenablog.com

 

miniroom.hatenablog.com

 

で、こちらがGLOWの付録のアイブロウパウダーです。

 

f:id:miniroom:20180904180324j:plain

 

これはアナスタシア ブロウパウダー DUO ミディアムブラウン

よりもだいぶん色が柔らかいです。

 

いったん、眉の太さはそのままに、パウダーだけ変えて描いてみることにしました。

アナスタシア推奨のパウダーとペンシルでは強すぎたので、軽やかになることを期待してのことです。

 

結果、

やっぱり太い…。

 

アナスタシアのパウダーとペンシルよりは柔らかくなりましたが、私の男顔を引き出すことの緩和までは至りませんでした。

 

これは…

やはり眉を細くするか、アーチにするか、

2択を迫られてしまうようです。

 

なので、2回目のアナスタシアは、平行眉のまま細さを変えて、様子を見ようと思います。

上を剃るか、下を剃るか、それはアナスタシアさんと相談して決めます。

 

色はブロウパウダー DUO キャラメルを試してみたいと思います。ペンシルのほうはブロウペンシル 12レディッシュブラウン のままでいい気もしますが、イエローブラウンかライトイエローブラウンもいいような気がしています。

f:id:miniroom:20180904175013j:plain

 

f:id:miniroom:20180904181244j:plain

 

で3回目のアナスタシアでアーチ型の眉にしてみて、それが似合うかどうか見たのち、

細めの平行眉か、アーチ眉か、決定する所存です。

 

アナスタシアは3週間に一度くらい行くと定着すると言われていますが、現状眉の太さが気になるので、一週間後か二週間後に行ってもいいなと思いました。

 

なんだかんだ予定がたてこんで難しくはあったのですが、タイミングが良ければ、私は一週間後か二週間後に追アナスタシアしてたと思います。

 

「形も決まってるんだし、細くする程度のことは自分でやってもいいや」というのは早計というものです。

ここで自己流で形を決定づけるような処理をしては、せっかくのファーストアナスタシアも元の木阿弥なのでグッとこらえます。

 

いったん涙を飲んで、3回くらいはアナスタシアでベストの形を探りあてる期間とします。

 

でも眉の形は一度決まってしまえば、ずっと自分で再現できますから、4800円×3回くらいは頑張る価値があると思ってます。

プロな眉は気分が上がりますし、なにより自信になります。自信が4800円×3で買えるならコスパもいいのではないかと。服は3年くらい前のものを着ていてもバレませんからぜひ。

 

1回めの眉も、素人には作れない眉にして頂けましたので、アナスタシアの素人じゃない眉加減には心酔しております。

 

何度も言うようですが、私が形を変えたいのは、こだわりが強すぎるだけで、アナスタシアさんの技術は高いのです。

 

自分の好みドンピシャ、かつ、プロな眉になった日には、素晴らしい日々が待っている!!

 

それを夢見て、アナスタシアデイズ、もうチョイ踏ん張るつもりです。