たぬきサマー

ミニマリストだけどコスメ好き

オシャレをしたいが労力がイヤというモノグサが語るショッピング同行~モテ服ノススメ~

こんばんは。

モテも似合う服も、客観視の塊である!

ということを今回は語りたいと思います。

 

おおげさに入ってしまいましたが、

眉もダサけりゃ服もダサイ私が、

ショッピング同行について語る記事です。

 

ダサ眉についてはこちら

 

miniroom.hatenablog.com

 

私はもう生まれつきダサかった。

何を着てもダサい。

一番似合う服は、自分比でかっぽう着。

それすらパイオニアがいらっしゃって、個性にもならないという

生き方にまでダサさがにじみ出る始末。

 

一応ファッション雑誌とか見るんですよ。

でも再現性がないっていうか…。

私に再現力がないっていうか…。

(主に後者)

 

もういいかなーって。

オシャレなんて、いいかなーって。

納得させようとしたんですけど

抑圧すればするほど欲望っていうのは、

ふくらんでしまうもので。

 

もうダサいのイヤーーー!

ってなっていたところ、

見つけたんですよ。

ショッピング同行なるサービスを…!

 

福音か!

と思いました。

 

ショッピング同行とは、たいてい個人の方がされていて、

2時間~3時間くらい一緒にショップを巡ってもらい、

似合う服を客観的に見て選んで頂くサービスです。

 

ショップもブランドも選んでくださるよ。

自分はついて行くだけ。

 

なんて楽チンな…!

クセになりそう。

 

お値段は3千円~数万円とピンキリ。

服代は別途自分で支払います。

なので気に入らなければ勿論購入しなくて大丈夫です。

 

人によって、お得意なファッション傾向もありますので、

その方のサイトやブログをじっくり見られるといいかと思います。

 

で、私が中でも推したいのが

モテ服がお得意な方のショッピング同行です!!

 

私ウェーブなんですけど、ウェーブの服は、

トレンドから少し離れているので、自力で選ぶと

モサさに拍車がかかるんですよ。

 

ウェーブでありつつ、センスに不自由している私のような人間には、

今のトレンドを着こなすのは、あまりにムチャぶりだったのです。

ハイウエスト着ておけば間違いはないけど、

それ一本ってキビしすぎない? っていう。

あと、別にトレンド感もないっていう。

 

もちろんオシャレなウェーブさんもいらっしゃると思いますが、

私にはウェーブに似合わせつつトレンドを押さえるというのは

難易度が高かったのです。

 

だから、服が苦手な人間は、トレンドは一旦横に置き、

モテ服に走っちゃったほうがいい、とショッピング同行を通じて気づきました。

 

モテ服は少々ダサいってイメージあったのですが、

モテ服に寄せたほうが、かえって垢ぬけるのです。

 

なぜ言い切れるのかって、ズバリ結果が出たから。

 

モテ服がお得意な方のショッピング同行で買った服が、

大変周りの評判が良かったのです。

 

個性派オシャレ系がお得意な方のショッピング同行、

垢抜けラフ系がお得意な方のショッピング同行などなど、

ちょこちょこ試したうえでの実感ですので、

そう間違った結論ではないかと思います。

 

なんでこんなに評判いいんだろ?とよくよく考えたら、

服装もモテも

客観視が命なんですよ。

 

KING OF 客観の賜物が

オシャレであり、モテだと思ってるんですね。

 

その客観視が必要な部分を一手を引き受けてくれるのが

モテ服ショッピング同行。

 

そりゃ周りの評判の良さも抜群なわけです。

 モテと評判は相性がいいのねぇ。

 

そういうわけで

私はモテ系推しの方のショッピング同行を

オススメしたいと思っております!!

 

客観の塊になれます。

 

眉はもちろん、服も客観のメスが入ると、とても垢ぬけます。

客観のメスというすばらしい名言!! が書かれた、ヒツコスさんの記事はこちら。

 

www.hitsugicosme.com

 

私の美容人生に、客観という新しい軸をプレゼントしてくださいました。

 

「元々がすごくダサい」

という私の意見ですので、

あまり再現性はないかもしれないと思いますが、

所感を書かせて頂きました。

 

ちなみに、ラフな垢抜けがお得意な方や、

個性的なファッションが得意な方が選んでくださった服は、

私はとても気に入っていた反面、

あまり評判がよろしくないので、結局着なくなってしまいました。

 

服を着るのがそもそも好きではないという怠惰な人間なので、

評判くらいのリターンがないと、

服を着続けることが難しかったのです。

もうパジャマで良くない? もしくは体毛? とか考えてしまうのです。

 

f:id:miniroom:20181029113339j:plain

↑これなら服着なくていいよね。←いいよねじゃない。←矢印多い。

 

そもそも、個性的なファッションは、

そんなにコーディネイトが苦手ではなかったことに気付いたというのもあります。

個性派コーディネイトは自分でやれた。個性派古着大好き。

なお、評判は普通。

そりゃそうだ。個性派なんだから…。客観と逆…。

 

で、まあ

「モテ服の評判良かった、評判良かった、わーい」って

浮かれて書いてますけど

じゃあモテたの?

って話じゃないですか? 実際のところ。

 

いや、モテたっていうか。

 

同性からのウケが

めっちゃくちゃ良かったです。

 

似合う服は、同性からの評判こそが良くなるんですよ…!

それがモテ服という、

対男性を意識したものであったとしても。

パラドックス

不思議ですね。

 

 

まあパラドックスもなにも、私がモテないってだけの話ですけどね。

そこは参考にならなくて、ごめんね!

 

 モテ服でモテるかどうかの保障はできないのですが、

評判良くなることだけはお伝えしたかったです!

 

…役に立たなかったって?

 

不甲斐ない~~~!!!

 

余談ですが、

内面外見ともにモテからかけ離れた私ではありますが、なりたい、って気持ちは無視してはいけない気がしています。

 

ありのままの自分を受け入れるのは、自分以外のものに憧れ切ってからでも遅くはないのかなーと思うのです。

 

以上、ダサスペシャリストの私がお送りする、ショッピング同行レポでした。