たぬきサマー

ミニマリストだけどコスメ好き

薄くて細い眉毛の救世主。アナスタシア ハイライティングDUOペンシル 2 眉を濃くするのではなく、眉の周りを明るくすることで眉を引き立たせるというストラテジーに舌を巻く!

 アナスタシアの眉戦略は、眉のみに非ず。

今回はそんな記事を書きたいと思います。

 

太目の眉は自分の男顔を引き出してしまうので、2回目のアナスタシアでは、細目の平行眉を作りました。

 

細めの平行眉は、形としては理想ですが、

細めなぶん、使える眉は減るわけで、無毛地帯がある私の眉では

眉が薄くなりすぎてしまう問題が発生しました。

 

 

そこで活躍するのがこちら

 

ハイライティングDUOペンシル 2

 

f:id:miniroom:20181110235103j:plain

 

この記事で使い方の説明をしています。

しかも割としっかりめに。

 

miniroom.hatenablog.com

 

そのくせ購入はしていなかったのですが、ついについに購入に至ったのです。

 

1回めは買わなかったのに、なぜ2回目で買ったか、という話じゃないですか。

 

ずばり、アナスタシアの戦略に身震いしたからです。

 

無毛地帯がある私の眉は、細くすると眉の存在がそれだけ薄くなります。

 

じゃあ、眉の存在を出すために、眉をしっかり目に描くのかな、と思うじゃないですか。

 

ところがアナスタシアのお姉さんは言うのです。

 

「眉の周りの”肌”を明るくすれば、眉の存在が引き立ちます」

 

目からうろことはこのことです。

 

眉の存在を出すために眉を濃くするんじゃない。

眉の周りの肌を明るくすることで、眉を浮かび上がらせようと言うのです!!

 

お姉さんのおっしゃるとおり、このペンシルで眉の周りを塗ると、色が薄く、毛が細く、尚且つ無毛地帯がある私の眉も、しっかり、かつ自然に浮かび上がるのです!!

 

アナスタシア…なんたる…なんたる眉メイクの叡智…!!!

 

眉が薄ければ、眉周りの肌を明るくしちゃえばいいじゃなーい?

 

アナスタシアーーー

ッカーーーー

アナスタシアーーーーーー!!!!!!!

 

あんさん現代のマリーアントワネットやー!

 

 

(まゆーアントワネットは流石に控えた)

 ↑

書いちゃってるこらえ性のない私

 

前回ハイライティングDUOペンシルを勧められたときは、

「眉の失敗をなかったことにできる」という

マイナスをフラットにする効果を説明されたのですが、

今回は、「眉周りの肌を明るくすることで、眉をくっきり見せることができる」という

プラスの効果を推して頂いたのです。

 

私はマイナスの消去より、プラスの積み上げに弱いみたいで、そこで消費活動を活発にしてしまうのかな…と思ったのですが

違うなあ。

 

きっと他にない戦略にやられちゃったんだと思います。

 

眉を引き立たせるために、眉まわりの肌を明るくする知略と、それを可能にする最適なアイテムなんて私は他に知らなかったのです。

 

なので付属品もしっかり購入しましたよ。

 

f:id:miniroom:20181110235134j:plain

 

このペンシルなあ、専用のシャープナーがいるのんや…。

ハイライティングDUOペンシルを塗りつけるための筆も、もちろんアナスタシアの物が望ましいわけです。

硬さとか太さとかドンピシャだから。

普通に手痛い出費でしたが美しい眉の再現性を求め、購入。

 

正しい眉にご興味がある方はもちろん、

他にはない戦略に弱い!

という方も、アナスタシア 代官山店行ってみてください!

 

beauty.hotpepper.jp