捨てまくった先の欲望

前歯の矯正と加圧トレーニングで最小限の自分を目指す

気に入ってるけど小さいけど、捨てるんだよ!

予備を持たない

ミニマリスト的には
黒ペンは1本あれば十分ですよね。

でも私、黒ペン3本も持っています。

f:id:miniroom:20160911045522j:plain

 

ダメですねこれは。
ミニマリストを目指す者として
たるんでます。

同じ用途のものが3個もあるなんてもはや罪ですよ。咎ですよ。

手放したのはお気に入り

じっくり検討し、残すのは書きやすい2本にしました。

そして手放すことを選んだのは、

かわいいけど少し使い勝手の悪いペンです。

 

一番気に入ってたものの、
使い勝手が悪いと使わないんですよ。

機能を果たしてなかったのです。
さりとて、置物としても弱い。

なので、手放したのです。

 

存在すら忘れていたものを手放す段階はもう過ぎた

今回のことで感じたのは、不要品を処理するためではなく、

スペースのための捨ての段階にきているのだということ。

 

気に入っている物を

たくさん捨てる時期になってきたのです。

 

ちょっと苦しくなってはきましたが、

とにかくガランドゥなお部屋を目指し
前進を続けます…!