たぬきサマー

ミニマリストだけどコスメ好き

【ついに習慣化】風邪を自力で治せるようになった話【鼻うがい】

風邪が自力で治せないんです。

 

20代の始めからもうそれに気付いてしまって。

 

そこからずっと風邪ひいたら病院へ直行しております。

 

でもダメだなとは思ってて。

 

だってまだ30代だよ!

 

モテ選手としてはもう引退もささやかれそうなアレなんですけど

風邪治し選手としては、若手なんですよ。

 

30代で風邪治せなかったら80代どうすんだよって話で。

長期入院なるか?

 

いや、いやだよ。

 

どうにか自力で治したい。

 

というわけでこの年末は自力で風邪を治すことに取り組もうと思っていました。

 

そもそもなんですけど、

炎症がとにかくよくない、ということになんとなく気づいていて。

 

アトピーって炎症なんですね。

 

で、皮膚だけが炎症してるってないじゃないですか。

 

内臓も炎症している。

 

で、一部だけ炎症ってないんです。

体はつながってるから。

 

とりあえずどこもかしこも炎症させないことが大事なんです。

 

それでアトピーの人は、必ずと言っていいほど鼻炎だと思うんですね。

 

まずはここをどうにかする必要があります。

 

具体的な対策は何かというと

the鼻うがい。

 

古より体にいいとされていて

定期的に挑戦するけど

あまりの痛さに何度も挫折する

あれです。

 

鼻炎に苦しむ度に挑戦してはやめてしまっていましたが

今の私は昔の私とは違う。

 

分子栄養学を勉強されている方が

鼻の炎症を抑えるのがとにかく大事で

ここをほっておくと体全体が炎症する、

とおっしゃっていたのを知ったのです。

 

鼻のためだけだとつらいですが

体全体のためとあれば頑張れるというもの。

 

私は数か月前から鼻うがいに取り組んでいました。

 

そして風邪を引き

これはと。

 

鼻うがいもしてるし治せるんじゃね…?

と。

 

そこで私は、年末に風邪を引いた際

 

寝る

あたたかいものを食べる

 

の対策のほかに

 

鼻うがいをひたすらする

 

を加えてみたのです。

 

もーーー痛いのなんの。

普段でも痛いのに、鼻風邪のときの鼻うがいの痛さときたら。

 

それでも続けました。

一部の炎症は体の炎症、というのが

響いていたのかもしれません。

 

そして、10日後。

 

見事風邪を治すことができました…!!

 

もう10年以上、薬なしで風邪を治してなかったのに!!

 

わーーーーい!

快挙----!!!

 

風邪を自力で治せたからなんなんだ

普通でしょ

 

と思われたかもしれません。

 

しかし、虚弱体質にとっては

とっても大きな一歩だったのです。

 

自信がついたので

これからも健康になるために邁進する所存です。

 

風邪を自力で治せない

点滴も打つ

という方、

ぜひ鼻うがい試してみてください…!

 

中耳炎になりやすい方はご注意ください。

 

私は中耳炎になりやすいのですが

不思議と鼻うがいは大丈夫な体質みたいです。

 

ちなみに鼻うがいにつかってるのは

使い捨てのクリアカップです。

薄いので使いやすいのです。

 

item.rakuten.co.jp

 

今は便利なグッズもあるようです

 

room.rakuten.co.jp

【使い切り】FTC UVプレミアムボディヴェール ボディ用日焼け止めは最後まで優しい

f:id:miniroom:20190830110802j:plain

 

 FTC UVプレミアムボディヴェール 使い切りました!

 

特筆すべき点がない

すなわちノイジーでないのが素晴らしい一品ですが

最後までその美点を貫き通してくれました。

 

夏の日常の日差しはしっかりガードしてくれたので

夏が訪れたらリピありです。

 

でも、ボディ用UVって劇的な進化は望めない分野なんですかね…?

 ノイジーさゼロの日焼け止めの良さを噛みしめながらも

「どこからでも切れるテープみたいな進化」を

心待ちにしております。

あれ便利すぎて好きになってしまう。

 

毎回ペトペト塗るのは面倒だよ…。

 

miniroom.hatenablog.com

 

room.rakuten.co.jp

 

【サンタ】ついに購入ふんどしパンツ その実力やいかに【フェ】

下着について語る尻ーズ第2弾。

ふんどしパンツです。

チャッチャラー!

 

f:id:miniroom:20191221103314j:plain

 

item.rakuten.co.jp

 

実はずっと気になっていたんです。

ふんどしパンツ。

 

「鼠径部を締め付けないほうがいい。

脚も痩せる」というのは

古より伝わる、変わらぬ真実ですから。

 

でもホラ。

ちょっと女性性万歳、的な。

魂うきうき、的な。

 

スピ感が怖くて。

スピ嫌悪というよりは、ハマりそうなのが怖い!

 

あえて手を出してこなかったんですけど、

タンガに挑戦して、あまりに良かったので

おまたのガードがゆるゆるになってしまって。

 

下着について語る尻ーズ第一弾はこちら。

 

miniroom.hatenablog.com

 

 

手作りふんぱんを購入しましたところ、

こりゃいい!

となりまして。

 

楽天でも購入したのです。

 

item.rakuten.co.jp

 

やっぱいい!

です。

 

フンディーフンディーは1650円とややお高めだけあって、

着心地の良さが天下一品。

 

しめつけ感ゼロでありながら

さりとてイタズラに体から離れたりしないのです。

 

距離が上手い!

チャラ男か!

ほっこり感満載のくせに!

憎い!!

 

そして肝心の鼠径部へのアプローチですが

まーーーー楽。

 

「鼠径部を締め付けないのがいい」と聞いて

ノーパンを試したことがある方も多いと思うんですけど

でも、ノーパンってやっぱダメじゃないですか?

 

どうにも。

全然ダメ。

心地よくない。

 

ズボンがおまたによくない当たり方して

ストレスでおまたに活性酸素発生しそうでしたもん。

 

あと、心許ない。

メンタルがすごい弱気になる。

家の中なのに。

 

でもふんぱんは、腰回りを守りながらも

解放感を与えてくれる!

 

虻蜂取りです!

良いアンビバレンツに痺れる!

 

パンツは何気なくそこにありますが

改めてパンツと向き合うと

自分がかなりワガママな要求をしていることに気付きます。

 

守るだけでもだめ。

解放だけでもだめ。

 

でも

両方がふんぱんにはある!!

 

さらに私が購入したフンディーフンディーは、

生地がダブルガーゼなんですけど

それが守りと解放を加速させます!

ふわっふわで軽いのに暖かい~!

 

レビューに「シルクよりいい」、とありましたが同意します!

私はダブルガーゼ党に入ってしまいました!!

 

で、気になるのが、「おでかけできるの?」

という点だと思います。

私個人としては、普通のジーンズやスカートならば

問題ないと感じます。

 

ミリ単位でラインを気にされる方でなければ大丈夫ではないでしょうか。

 

ただ、パンツとは言えふんどしですから、

結構お尻とパンストが密着します。

 

お肌弱い方はお尻かゆくなってしまうかもしれません。

そこだけお気をつけください。

 

私は普段のパンツはLサイズですが

こちらのふんどしパンツはMサイズを愛用しています。

 お尻が平均~小さめの方はMサイズでも

ちょっと大きすぎるかもしれません。

 

「じゃあお尻が小さいと買わないほうがいい?」というと

全然そんなことないです。

 

夜専用・室内専用でもいいから小尻の方も

ぜひ、ふんぱんを取り入れてほしいです!

 

せっかくタンガというアバンギャルドに転向したのに、

それがきっかけでほっこりに揺り戻されるなんて。

人生は皮肉でできている。

 

タンガも全然履きますけどね!

 

 

room.rakuten.co.jp

 

 

【断捨離】機能と効能がかぶってしまった脚やせアイテム【豊作ゆえの蟲毒】

本日の断捨離。

f:id:miniroom:20200114010526j:plain

 

エイダ― つま先 矯正シリコン

 

miniroom.hatenablog.com

 

記事で大絶賛してたことが記憶に新しいのですが

これを使用始めた後

なんと速攻で妹が足裏テーピングが痩せるという情報を教えてくれまして。

 

 

biccamera.rakuten.co.jp

 

miniroom.hatenablog.com

 

”足裏に使用する、脚痩せアイテム”が

予期せぬ豊作と相成ったがゆえの断捨離となりました。

 

足裏激戦区。

 

でも顔はいつも激戦区だったりしますよね。

 

もはや美容好きの全身は蟲毒だったりするのかもしれません。

(効果が)強いコスメが生き残るんや…!

 

room.rakuten.co.jp

 

 

 

 

 

【30代の張り切り】尻が自由を求めてた【タンガで乗り越える自意識】

タンガって怖いですよね。

 

あの前衛的なデザイン。

下着って、尻込で守ってくれるものじゃなかったっけ。

あんな丸出しにされて、尻が大海原をさまよわないのだろうか。

 

という不安もありますし

 

それを乗り越えてまで

あのデザインに手を出しよったか…!

と思われたらどうしようという自意識。

 

対男性よりも、対女性に発動するんですけども。

 

対男性だと「性への張り切り」と見なされるのでしょうが

対女性だと「自分への張り切り」と見なされる。

 

それがつらい。

 

大した体でもないのに、デコりおって、って冷たい視線を向けられるのがツライ。

 

でもなんか…憧れる!

 

性への張り切りではなく、自分への張り切りという意味でのタンガに

正直憧れる。

 

で、手を出すわけ。

 

で、洗礼を受けるのです。

 

股、順当に痛い。

 

しっかりと食い込んでくるじゃん!!!

 

あやしいと思ったんだよ…

あんな紐みたいな形状でおまたを守れるわけがないじゃないか…

 

オシャレは我慢。

しかし、このおまたへの食い込み。

 

我慢という範疇を超えてないか。

 

そういうわけでタンガの導入はいったんストップしてたんですけど

それでもなんか諦めきれないのが30代。

 

だってタンガってパワーすごくないですか。

何がって言われてもわからないんですけど。

無視できない引力がそこにある。

ただ下着屋にあるだけかもしれませんが。

 

そして私は30代にて、タンガ再チャレンジをします。

 

30代の叡智を以て、

レーヨンを避け、

それなりの価格帯のものを選びました。

 

スチューディオシンノというブランドのものです。

 

rumors.jp


私は店舗で購入したのですが、4000円くらいだったと思います。


するとどうでしょう。

おまたへの食い込みがない!!!!

 

どういうこと!?

どういう仕組み!?

 

順当にタンガらしいおまた部分の布の細さであるにも関わらず

食い込まないんですねえ~~~

 

裁断の妙技…?

 

服も高いと裁断が美しく着やすいですもんね。

 

私がタンガに敗れた原因は、

己の体なんてデコれない自意識と、

580円のものを購入したことにあります。

 

恥ずかしいから失敗してもいい価格帯のタンガにしたんですが

失敗してもいいというメンタリティで、成功するわけないんですよ。

最初から成功するつもりでいかないと勝てない。

相手がタンガとて、それは真理です。

タンガは手ごわいぞ。食い込みという技は必殺です。

 

タンガの食い込みにお困りの方、

恐らく価格帯を見直せば

タンガを生活を取り入れられるのではないかと推察します。

3000円以上なら恐らく食い込まない。

 

そして、タンガは見た目が素敵なだけではないんです。

解放感がすごい。

尻が…自由!

尻ンカーン!

 

尻って布がまとまりつくことを嫌がっていたのか…と

自由になって初めて気づきました。

 

おまたに食い込まないと分かった今、

タンガを生活に取り入れない手はないです。

 

自分は女性として楽しく美しく生きていいんだなあ!

って強く強く思えるのは大きい。

 

特別な日を盛り上げてくれるのはもちろんのこと

(性的なことに限定せず)

日常にさくっとタンガを履くことで、

自分の美について意欲的でいてフラットな性質を手に入れることができます。

 

このフラットさによって、

自分の自己肯定感も、人様の自己肯定感も、

すごく大きく包み込めるようになる気がします。

 

タンガへの壁がすごく高かったので

乗り越えた感動で感想が大げさになってるかもなんですけど

タンガは心躍るとお伝えしたかったです!

 

次はヒツコスさんオススメのこちらを購入しようと目論んでます。

 

item.rakuten.co.jp

 

尻だけジェシカ!

脚だけニコールに引き続き

惹かれずにはいられないです!

 

www.hitsugicosme.com

 

 

 

どうでもいいんですけど

先日、イタリアで、イタリア男性に口説かれまくる夢を見まして

「イタリア男はみんな口説いてくるぞ!!!」

ってキレ気味の自分の声で目が覚めたんですね。

 

イタリア産のタンガのなせるわざでしょうか。


ちなみに、イタリアに行ったことも、イタリア男性に口説かれたこともございません。

 

room.rakuten.co.jp

 

 

 

 

 

【YESソックウェル】むくみ取りの黒船現る【NOキャビテーション】

f:id:miniroom:20191221103831j:plain

ソックウェルが凄いんですよ。

 

item.rakuten.co.jp

 

こちらヒツコスさんに頂いたんですが、

着圧ソックスの概念をぶち壊してくれました!

 

www.hitsugicosme.com


あまりに好きで、自分でもおかわりしたんですね。

 

私ほどむくみ取りを必要としてる人間も珍しいと思うんですけど

メディキュッ〇でむくみが取れた経験がないんです。

 

ていうか、冷えません? メディキュッ〇。

 

私、冬すごいお肌のきめが整うんですけど

やっぱ物理で冷えるからだなって思ってて。

炎症はダメだなってつくづく実感してるんです。

 

メディキュッ〇は冷えるし炎症する。

冷えと炎症しない、は違うんですだよ。

冷えと鎮静の違いと言うのかな…。

だから炎症と冷えは同居しうる。

心地よい冷えと、体に仇名す冷えの違いについては研究中です。

 

それはいいとして

国民的支持を得てるメディキュッ◯でむくみとれなかったら

どうするんだろう。

 

あ、ギロファあったわ。スゲーらしいわ。

買うわ。

 

item.rakuten.co.jp

 

ギロファ別にむくみ取れねーわ!!

どうすんだよ!!

こんな高いものにむくみ取れなくて

誰にむくみが取れるって言うんだよ!!

 

足を紐で巻けば、むくみは取れるのですが

面倒じゃないですか…

 

面倒じゃないですか…って同意求められても

紐しばり健康法が怪しすぎるので、

急に言われてもって感じかもしれませんが。

 

とにかく

むくみのために何かをするのが嫌なのです。

 

わざわざ何かやるって状態異常じゃん。

 パッシブスキルのように

常時能力を発動していてほしいのです。

 

そこでソックウェルですよ。

 

靴下は履くじゃないですか。

だいたい履く。みんな履く。いつも履く。

夏でも冷えに脅える勢は履く。

 

ソックウェルは靴下の体裁を保ちながら

私の脚をきっちりむくみから守るのです!

 

これぞ私の求めていたむくみ取りです!!!

 

でもさ。

引き合いに出されたのがメディキュッ〇とギロファと紐しばり健康法じゃ

イマイチすごさわからないじゃないですか。

 

ソックウェルはですね

セルフエステのキャビテーションより

はるかにむくみを取ってくれるのです…!

 

セルフエステにほぼ毎日いってた私が言うので間違いない。

ソックウェル、キャビテーション超えです。

 

この力強さに屈した。くつしただけに。

 

そしてねソックウェル。

あったかいんです!!

信じられないほど保温性がある。

 

ソックウェルはいて外出したとき驚きましたもん。

つま先が冷たくない!

冬につま先冷たくないとかある!?

 

忘れてたけど、ソックウェルはアウトドアブランドなんですね。

だからきっと防寒に本気。

マジで熱する5秒前。

 

さらにウール入ってる。

やっぱり天然の力はすごい。

 

そういうわけでソックウェルに夢中なのです。

 

おかわりで飽き足らず、

お友達の誕生日プレゼントにも買ってしまいました。

 

ヒツコスさん、いつも本当にいいものをありがとうございます…!

審美眼に本当にいつも感動しています。

 

※メディキュッ〇は伏字なのになぜギロファはリンクまで…何か恨みでも…と思われたかもしれませんが

ギロファは伝わらない可能性が高いと思ったためリンクはりました。

 

※鎮静のくだり、蛇足ですね…

別途鎮静について書いた際、編集しなおそうと思います。

 

room.rakuten.co.jp

 

 

 

外見はコミュ力である

コミュ力と聞いて何を思い浮かべますか?

 

しゃべくり上手?

聞き上手?

褒め上手?

相槌上手?

 

それもあります。

 

が、

私は外見もコミュ力の一種なのではないかと考えています。

 

人が好ましいと思う見た目にすることで

コミュニケーションがだいぶ円滑になる気がするんですよ。

 

話すのが下手

聞くのも下手

 

という方は、

外見を思いっ切り好感度が上がるものに寄せるというのも

ひとつのコミュニケーションの手段として考えてみるのも手かと思います。

 

外見もコミュニケーションスキルにカウントする。

 

こう考えると

王道ファッションも前向きに捉えられそうです。

 

f:id:miniroom:20200107215702j:plain

 

 

外見を王道にしておくと

中身を思いっ切り変な人のままにしておくことができるのも

見逃せない点です。

 

外見個性的で中身も個性的だと、結構世間は冷たいものです…。

 

そのバランス感覚含め

個性と呼ぶのではないかと感じています。

 

room.rakuten.co.jp