たぬきサマー

ミニマリストだけどコスメ好き

僕たちの失敗~眉毛が4本あるんです

美容熱が高まりすぎると

マニアックが裏目に出て、

他の人がちょっとしないような失敗すること

ないですか。

 

それが、私の場合、眉なんですけど。

 

告白しますと、私、眉4本あるんですよ。

 

f:id:miniroom:20180710123828j:plain

 

どういうことか一から説明します。

 

まあ、まず、私、「可愛い顔とはなんぞや?」

と高校生の頃に死ぬほど研究したんですよ。

友達いなさすぎて考える時間ありあまってて。

 

スタイル悪いからオシャレには興味なかったんですけど

顔はアトピーなこともありまして

肌の延長線でメイクにも興味がめちゃくちゃありました。

 

とにかく顔、顔なんです。

 

で、気づいたんですよ。

 

可愛い子は目と眉の距離が近い。

 

f:id:miniroom:20180712101653j:plain

スープの冷めない距離とはこのことか。

 

一方私ときたらどうでしょう?

 

目と眉、

とっおおおーーーーーーーーーーー。

 

f:id:miniroom:20180710165117j:plain



しかもおまけに眉毛の生え方がダサイ。

立体感がない上に

眉尻ふたまたに分かれてるし

灰色だし、

毛足は長いし

もうどうしようもない。

 

f:id:miniroom:20180710165306j:plain

 

今まで生きてきて、

私よりダサい眉毛の人に出会ったことがない。

  

美容雑誌は言います。

眉毛の上は絶対剃るな、触るな、整えるな

と。

 

私は迷いました。

そんな、眉下だけ整えたら、

私の眉と目がますます距離が遠くなる…!

 

f:id:miniroom:20180710165808j:plain

 

もはや修復不可能!

 

というわけで、美容雑誌の警告は

無視を決め込むことにしました。

 

あーーーーもううっせええうっせえ。

私は私のなりたい顔になるんだよ!

 

私は当時禁断とされていました

眉上を整えることに着手したのです。

 

f:id:miniroom:20180710170310j:plain

 

今でこそ、メイクはなんでもアリの風潮がありますが、

当時、メイクは、とにかく失敗しないこと

ニュートラルであること、

リベラルであることが重視され

わりと鳩派であることを良しとしていたと思います。

 

それが今ときたら

病弱メイクだのうさぎちゃんメイクだのドルファサメイクだの

やりたい放題百花繚乱です。

 

鷹派も鷹派なのです。

 

今の風潮のほうが私は好きです。

 

しかし、私のこの、

当時の禁忌中の禁止とされていた上眉毛の処理はどうなったか。

 

私は産毛をまゆげにして、もともと薄かった眉毛をなきものにしようと

産毛のすぐ上の毛を間引きました。

いったん理想とする眉が誕生したかのように見えました。

 

 

 

f:id:miniroom:20180710170505j:plain

 

私は満足しました。

足りない部分の眉など

アイブロウで描けばいいのです。

問題などなにもない。

そのときはそう思っていたのです。

 

しかし、少し異変が起きます。

 

産毛のすぐ上の毛は間引かれましたが

もともとの上の部分の眉毛は残ったのです…。

 

f:id:miniroom:20180710170827j:plain

どういうわけか、同じように処理していたのに、

よりによって、産毛と眉毛の間の毛が伐採され

謎の無毛地帯が発生してしまったのです。

 

上の眉毛はきっちり残っているのに…。

やはり眉の上の部分は強くできているのでしょうか。

 

これもまあ仕方ないのないことと言えば仕方ないことです。

なぜなら、こんなの、誰にも予想できないですよね。

全体的に残るか、全体的になくなるかどちらかだと思っていたのに

眉の真ん中に無毛地帯ができるだなんて、

誰が予想できたというのでしょう。

 

それに無毛地帯の上に毛が生えたところで、

処理してしまえばいいのです。

 

何の問題はありませんでした。

 

ある時期がやってくるまでは。

 

無毛地帯をないものとしようとしても、

そうもいかない時期がやってきます。

 

その時期とは…受験です。

 

受験時、眉を整えることは面接のことを考えると

辞めざるを得ませんでした。

眉毛の生えっぱなしがよい生徒とされていたのです。

少なくとも当時は。

ナチュラルな眉毛の生え方をしている人間は優れていて

勉学も励む、というデータがもしかしてこっそり存在し

それゆえ眉毛を整えることが良しとされていなかったのでしょうか。

今となっては答えは知る由もありません。

 

こうしておとなしく、受験時を迎えるにあたり、眉を生やしました。

 

そして眉毛を整えられなかった

私の眉毛はこうなりました。

 

f:id:miniroom:20180710171345j:plain

 

右2本左2本。

 

眉毛が合計4本ある女爆誕です。

 

f:id:miniroom:20180710123828j:plain

 

こんな爆誕あってたまるか。

 

眉を生やすと2本ある状態になる…。

 

でも私は後悔はあまりしていなかったのです。

だって、眉と目は近いほうがやっぱり私は好き。

 

しかし…しかしですよ。

 

年とともに、表情筋の表層化が激しくなり、

元あった眉毛の場所がクッキリしてきて…

さらに眉毛を下の位置にしたことにより

デコの広さが顕著になってきたのです…!!!

 

f:id:miniroom:20180710172014j:plain

 

ありていに言って悪いことだらけです。

 

どうすんだよ。

 

元の位置に戻す…?

 

いやできない。

 

だって、産毛の上と眉毛の下は、無毛地帯だから。

 

もうどうしようもないの…。

 

これが私の失敗です。

 

当時おとなしく鳩派として、

眉下しか処理しなければこんな悲劇はおこらなかったのに。

 

でもしょうがないんです。

美容には面白さとエポックメイキングを求めてしまうから。

 

これ、私が有名になったりしたら

「あの人、眉毛がナゾに下にあるよね。

元の場所バレバレなのに」

と言われたりするんだろうな…と思ってます。

美輪明宏先生の黄色の髪のような…

本人だけが納得する系オシャレ。

 

年をとると不思議な美意識による

本人だけが満足している美容がありますが、

私の場合、それが

「眉毛のちょうど真ん中に走っている無毛地帯による4本眉」

なのです。

 

まあ美輪明宏先生クラスの人間になれば

眉毛植毛すればいっか…。

 

本日はそんな失敗談でした。

 

眉毛の上はゆめゆめ処理することなかれ!

という若者への啓発などではございません。

 

自分が走り出したくなるオシャレを

止めることなどできないのです。

 

輝きだした彼らを誰に

止める権利があったというのでしょうか。

 

いいんです。

好きに生きていきましょう。

 

例え眉が4本になろうとも。