たぬきサマー

ミニマリストだけどコスメ好き

【断捨離】好きだけど捨てるという選択肢もある

大好きだからさよならを。

 

断捨離って、まったくもって要らないものを探して捨てる、という思い込みがありませんか。

私はありました。

ミニマリストになるために、血眼で使ってないものを探しました。

 

でもそうそう、使ってない物ってないんですよ。

どんな物も、ちょっと使う。

 

そして残してしまう。

 

でもダメなんですよ。

それじゃ部屋は一向にミニマムになりません。

 

スッキリのためには、

気持ち的には好き

のようなものをバッサバッサ切り捨てていく必要があるのです…。

 

というわけで、今回は好きだけど捨てたものです。

 

f:id:miniroom:20190104003328j:plainf:id:miniroom:20190104003347j:plain

 

カラフルオーガニックのチーク。

こちら一切肌荒れしません。

 

色も悪くないんです。

 

でも、ちょーーーーっと白浮きしますし、

やはり、化粧品メーカーの作り込んだ色と比べると

ハッとした変革を顔にもたらさないのです…。

 

効果としては、ちょっと色づく、のみ…。

 

お肌が弱ってるときはいいのですが、

それほどお肌が弱ってるときに

そもそもチークをつけない

ということに気付きまして…。

 

断捨離を決めました。

 

写真撮ってて、やっぱり好き、ってなりました。

ううつらい…。

 

f:id:miniroom:20190104003408j:plain

続きまして、雑貨屋で貰ったおまけのイヤリングと、チェーンのしおりです。

 

イヤリングはキッチュで可愛かったですし、チェーンのしおりも、ピッタリの手帳が現れたら使いたいんです。

 

でも金属アレルギーでイヤリングは肌が荒れるしチェーンのしおりにドンピシャの手帳なんて、そうそう現れないのです…!!!

 

好きだけど、使いたいけど、そのときはあまりに少ない。

というわけで断捨離。

 

ミニマルな生活のためには「ちょっと好き」「なんだか好き」も切り捨てないといけないんですよね。

生活には1軍しか置いちゃいけないのです…。

 

これは全てに言えることですね。

ヒ~~耳が痛い…!