たぬきサマー

ミニマリストだけどコスメ好き

続・CHICCAおじさん康雄について語る。”前髪はもはや顔”理論も吹っ飛ぶ康雄のパンチライン。からのdaigo vs yasuo

”前髪はもはや顔”理論は、このワードのデビュー当初、

私たちをざわめかせたワードでしたし

そのことについてはこちらの記事についても熱く語っております。

 

miniroom.hatenablog.com

しかしCHICCA(キッカ)のブランドクリエイター吉川康雄氏は

そんな当時の新鮮な衝撃もブッ飛ばす

新しい理論を打ち立ててきたのです。

 

 

まずは康雄の著書をご紹介くださったAile(id:maisondailes)さんが

教えてくださったこちらの康雄のインタビューをご覧頂ければと思います。

 

https://style.nikkei.com/article/DGXNASFE1901N_Z10C13A6000000?page=3

 

ご覧になられましたでしょうか?

著書のみならずウェブインタビューも手加減ナシの康雄。

 

 

 このインタビューの中に出てくる

Aileさん推しのこのひとこと、これがすごかったんです。

 

「出ているところはすべて顔だと思え!」

 

ややっやややっや

康雄ーーーーー!!!!!!

 

来た来た来ましたよ!

康雄のパンチライン!!

 

「前髪はもはや顔」理論をブッ飛ばす

新しい美の理論展開の幕開けです!!!!

 

でもどうしよう…。

メンタリストさん家のDaigoさんは

「顔と体で、見てるときの反応してる脳の部位が違う」

と言っているのです…。

つまりDaigoはやや顔派と言えましょう。

 

私康雄とDaigo、

どっちの言うこと聞けばいいのかしら…!!!

 

しかし、Daigoだって、「両方いいのがいいに決まってはいます」と言っているので

別にバッティングする理論でもなんでもありません。

 

…怠惰で申し訳ない…。

 

体も顔、は

大は小を兼ねる。

 

顔も磨き、

体も顔くらいの労力を割く。

 

もはや体力勝負になろうとも

体の面積の大きさにビビろうとも、

体の美への効果の遅さにメゲそうになろうとも、

私は康雄もDaigoも信じ、

ハラをキメて、美に邁進したいと思います。

 

 美ってここまでくると、

もはややはり精神力と体力勝負でありますね…。

 

ウォーキングレッスンと仕草レッスンとアフタヌーンティーのマナーレッスンと

第一印象アップ講座と

ポールダンスのレッスンで疲弊しながら考えるのでした。

(この努力量が果たして正しいのかは分かりません…)

 

康雄ビギナーの皆様におかれましては

まずはこちらの本からどうぞ。

 

私も康雄ビギナーのくせに

康雄道先案内人みたいな顔してすみません…。

 

でも本当、康雄のリリックはすごいのです…。

 

老いもブスさも受け入れつつ、それでいて「外見で男を一本釣りしろ」という康雄の哲学に励まされてしまうのです。

 

 CHICCAおじさん康雄について語る。その1はこちらです。

 

miniroom.hatenablog.com