捨てまくった先の欲望

前歯の矯正と加圧トレーニングで最小限の自分を目指す

専門書を捨てる

何冊もある専門書


私は仕事用の技法書を
何冊も持っています。

f:id:miniroom:20160826025721j:plain

 

著名な方が推薦されている本ばかりで
実際、とても役に立つのです。

 

良書の弊害

でも、いい本というのは
情報が満載です。

そんな情報が満載の本を
何冊も使えるものなのか?

一冊をきわめるだけでも大変なのに?

受験生の陥る罠に似ている

これって……
いい参考書を何冊ももっている
受験生と一緒のワナにはまってないか?

と気づきました。

 

数種類の参考書を何冊もやるより
1~2冊を何回もやったほうがいい
とはよく聞くお話です。

技法書も同じことが言えるのではないかなあ。

ばっちり罠にはまっている

お恥ずかしながら
私は技法書を1回読んではいるものの
持っているだけで安心して
「使い倒す」までには至っていません。

 

時間は有限だから

何冊もの情報満載の技法書を
何回も勉強して使い倒すなんて
どだいムリな話だったのです。

 

私はナゾの万能感にふんぎりをつけ
技法書を何冊か手放しました。

 

まだ何冊か手放せそうではあるのですが……

まだまだ私にとっては

 

技法書を持つ安心感>>>>>超えられない壁>>>>ガランとした空間

 

みたいです……

 

K点越えができるのは
いつの日か……!

(K点越えについては
ゆるりまいさんのブログがご著書を
参考にしてくださいませ)